Complete breath

コンプリートブレス

ヨガの完全呼吸。肺の全部を使って、完全に吸い切って、完全に吐き切る腹式で行う呼吸です。さまざまな呼吸法がありますが、ノウイングスクールでお伝えするすべての呼吸法は、このコンプリートブレスで行います。この呼吸を行うだけでも、エネルギーの流れは強化され、滞ったエネルギーをクリアにすることができます。まずは、ヨガの完全呼吸に慣れましょう。

 

呼吸を行うときの姿勢

呼吸法は、どのような姿勢で行ってもかまいません。横になって仰向けで行うときには、膝の下、腰―ウエストのくぼみのところの下、首の後ろにクッションなどを置いて安定させると呼吸しやすくなります。座って行う場合は、背骨が上に向かって引き上げられている状態にします。そして下半身を両脚によってしっかり安定させるように、両方の足の裏を床にしっかりとつけます。首や頭は椅子にもたれかからないようにしてください。

 

呼吸法の手順

呼吸はすべて、 鼻から吸って鼻から吐きます。 

 

  1. ゆっくり息を吐いて、完全に肺を空っぽにします。
  2. 肺に空気を入れながら横隔膜をゆっくり下げます。腹部が膨らみ、肺の底部が空気で満たされます。
  3. 身体を緊張させることなく、肋骨を広げます。
  4. 完全に肺が空気で満たれると、鎖骨が自然に少しだけ上がります。
  5. 完全に吸いきったら、すぐに肺の上の方から息を吐いていくようにします。肺上部⇒肺中部⇒最後におなかを引っ込めて肺下部から完全に息を吐ききります。
  6. 1~5を繰り返します。

 

吐く息と吸う息の間には休みをとらずに、吸い切ったらすぐに吐き、吐ききったらすぐに吸うようにします。この手順を通して、空気が連続した流れで出入りします。この呼吸法は、主要な肉体の器官をほぐします。静かな場所でこの呼吸を続けるのが良いです。