自分軸で生きると心がこんなに軽くなる!周りにも「思いやり」を持てます

目次

自分軸で生きると心がこんなに軽くなる!その意味と理由

あなたは「自分軸を持って生きているか」を真剣に考えたことがあるでしょうか。

自分軸とは、自分の魂が望む通り行動すること。

もっと簡単に言えば、周りの意見に流されず「自分はこうしたい」という自分自身の考えのもと、行動したり物事を決めたりすることです。

日本では、周囲の意見や評価を気にする人が多く、なかなか自分軸で生きられないという人がとても多いです。

自分軸で生きれていない人は、他人軸で生きていることになります。

他人軸(他人の意見や考えを優先すること)で生きている人は、自分が気づかないうちに同じことで悩み続けていたり、大きなストレスを抱え続けていたりします。

自分軸を持って生きるとは、より自分らしい人生を送るということなのです。

そのような人生では、自信を持つことができるのはもちろんのこと、自分がやりたいことができるので、楽しい日々を送ることができるようになるのです。

自分軸は、周りへの「迷惑」にはなりません

自分軸で生きられない人の中には、「自分の考えのもとで行動したり決定したりすることで、周りの迷惑になるのでは?」と考える人もいます。

自分軸で生きることは決して悪いことではありません。

むしろ、他人軸で生きて、自分が嫌だと思うことを続けたりすることによって、周りに迷惑をかけているケースが非常に多いのです。

もちろん、周りの人を気遣う気持ちを持つのは大切なことです。

しかし、「迷惑をかけるかも」などと考えて、必要以上に自分を抑え込むことはやめましょう。

自分軸を持つと、周りにも「思いやり」を持てます

周りの迷惑になることを恐れ、他人軸で生きていると、ストレスが溜まり、気持ちにも余裕がなくなってきます。

気持ちに余裕がなくなると、焦りやイライラなどが生じて、仕事や人間関係に悪影響を与えかねません。

日々の仕事や人間関係で悩みがある方やストレスが大きい方へ。

それらの原因の大半は、自分軸を持てていないこと、にあるのです。

自分軸で生きていると、自分らしい人生を送ることができるため、気持ちにも余裕ができます。

気持ちに余裕ができると、他人を思いやる気持ちも自然と生まれます。

このように、自分軸で生きるということは、自分だけでなく、周りの人にも良い影響がたくさんあるのです。

自分軸で生きる5つのメリット

自分軸で生きることには様々なメリットがあります。

この章では、自分軸で生きることによる5つのメリットをご紹介します。

これまで他人軸で生きてきたという方も、自分軸のメリットを知ることで、考え方を変えるきっかけにすることができます。

魂から人生を楽しめる

自分軸で生きることの最たるメリットは、魂から人生を楽しめるということです。

魂とは、自分の最も本質的な部分を指します。

魂を磨き高めることで、魂レベルの高い人との出会いや幸運を引き寄せて、人生が好転していきます。

自分軸で生きることは、自分の意思や考え方を明確にして、自分らしい生き方をするということです。

自分らしく生きるということは、結果的に魂を磨くことにも繋がります。

つまり、自分軸で生きることで魂が磨かれ、人生がより良い方向へと変化していくことになるのです。

人生が上手くいっていると感じると、生きるのがもっと楽しくなっています。

ストレスが無くなる

周りの目ばかりを気にして他人軸で生きていると、自分の意見を言えなかったりやりたいことを我慢したりで、ストレスが溜まってしまいます。

毎日ストレスを抱えたまま生きるのは辛いものです。

しかし、自分軸で生きると、自分の思っていることを発言でき、やりたいことを実現できるためストレスが無くなっていきます。

ストレスが無くなれば、周りを思いやる気持ちが生まれ、結果的に自分にも周りにも良い影響を及ぼします。

自分の能力を発揮できる

自分軸で生きると、本来の自分の能力を存分に発揮することができます。それは、周りの意見や考えを気にする必要がなくなるからです。

自分の意思だけで決定や行動ができるため、本当にやりたいことに取り組めて、持ち前の能力をいかんなく発揮できます。

また、自分軸で生きるということは、新たな自分を見つけるきっかけにもなります。

他人軸で生きていた時は、自分に何ができるかわからなかったという人も、自分軸で生き始めることで、隠れていた自分の才能をどんどん発見できるようになります。

好きな人に囲まれるようになる

前述の通り、自分軸を持ち、自分らしく生きることは、魂を磨くことにも繋がります。

魂が磨かれると、魂レベルの高い人との出会いが引き寄せられるため、自然と周りに自分の好む人が集まるようになるのです。

好きな人に囲まれて生きることが出来れば、人間関係で悩むこともなくなり、人生の幸福度は自然と上がります。

嫌な人間関係が無くなる

他人軸で生きてきた人の中には、苦手と感じる相手など、付き合いたくない人との関係も我慢して続けてきたという人もいるでしょう。

しかし、付き合いたくない人と無理に関係を続けることは、ストレスが溜まり精神的に疲弊します。

自分軸で生きることができれば、自分が付き合いたいと思う人とだけ付き合うことができます。

自然と素敵な人たちが集まってくるため、付き合いたくない人との縁も自ずと切れていきます。

自分軸が持てない5つの理由

日本人は自分軸を持てない人が多いと言われていますが、その理由は人それぞれ違います。

自分軸が持てない理由を知ることは、自分軸を持つための第一歩です。

他人軸で生きている人は、次の中に当てはまるものがないかチェックしてみてください。

常識やルールに縛られているから

あなたが自分軸を持てないのは、常識やルールに縛られているから、という可能性がとても高いです。

もちろん、常識を知っておくことやルールを守るのは大切なことです。

しかし、常識やルールを意識しすぎて、自分の考えや本当にやりたいことを抑え込んではいませんか?

無理して周りに合わせた服装をしたり、周りの目を気にして本当にやりたい趣味を遠ざけたりしていないでしょうか。

自分軸を持つためには、自分の意思や考え方を尊重することが大切です。

「一般的にはこうだから」「こういう決まりだから」という考え方を続けていては、自分軸を持つことが難しいのは当然です。

幼少期のトラウマがあるから

自分軸が持てない人の中には、幼少期のトラウマが原因になっているケースもあります。

幼少期に親に十分な愛情を与えられた人は、自分に自信を持つことができ、成長してからも自分軸で生きていくことができます。

しかし、親から否定され続けたり無視されたりなど、愛情を感じることができない環境で育った場合、大人になってからも自分には価値がないと思うようになるのです。

そうなると自分に自信が持てなくなり、周りの意見や評価ばかりを気にして、他人軸で生きるようになってしまいます。

こういった方が自分軸を持って生きたいと思うのなら、まずはトラウマを解消する必要があります。

他人に嫌われたくないから

他人に嫌われるのを恐れて、自分軸を持てないという人もいます。

他人から嫌われることを恐れるあまり、常に周りの目や顔色を伺ってしまい、自分の意思で行動できなくなるのです。

嫌われないために無理に他人に合わせたり、自分のやりたいことを我慢したりしてしまいます。

自分よりも他人を優先してばかりでは、自分軸を持つのは難しいでしょう。

自分の意思で歩むことが怖いから

自分の意思で歩むことが怖いという理由で、自分軸が持てない人もいます。

何かを決めたり行動したりする際には、時として失敗したり間違ったりすることもあります。

その失敗や間違いを過度に恐れてしまう人は大変多いです。

そういった人は自分の意思で動くことができず、最終的に判断を他人に委ねるのです。

また、中には責任逃れをしたくて、無意識のうち、周囲に選択を任せてしまっている人もいます。

自己保身に走るあまり他人軸で生き続けると、自分の意思を見失い、自分軸を持つことが出来なくなります。

男性性が強い競争社会だったから

これまでの社会は、競争を過度に煽ったり、経済的な成功を無理に追い求めたりする傾向が強い時代でした。

このような競争社会は、他人が決めた基準で争う、いわゆる他人軸の時代です。

男性性が強い社会ということもできますね。

このように男性性が強い競争社会で生きていくうちに、自分軸を持つことができなくなるのは自然なことです。

自分の意思よりも周りの評価を優先しているのですから当たり前ですね。

自分軸で生きるためには、自分の魂から深く理解する機会を創ること、自分がどうしたいかという意思を持って行動することが重要です。

他人との勝ち負けや優劣にこだわっているうちは、自分軸を持つことは難しいことをぜひ覚えておいていただきたいです。

自分軸の人生に変える方法

自分軸で生きることには、魂から人生を楽しめたり、ストレスがなくなったりするなど本当にたくさんのメリットがあります。

反対に他人軸で生き続けると、ストレスを感じたり自分らしく生きられなかったりと、デメリットも多いです。

そして、一番怖いのは、自分が他人軸で生きていることに気づかず、自分軸で生きる方法を知らないこと。

他人軸から自分軸の人生に変えたいという方は、これからご紹介する方法をぜひ試してみて下さい。

自分の魂が望んでいることを知る

すでにご説明させていただいた通り、魂とは自分の最も本質的な部分です。魂は自分が本当にやりたいことや得意なことなどを知っています。

自分軸の人生に変えたいと思うのであれば、その魂が望んでいることを知り、理解することが大切です。

これまで他人の意見ばかり聞いてきたという方も、自分の魂が本当は何を望んでいるか、知る機会を設けてみるようにしましょう

トラウマやブロックを解消する

幼少期にトラウマがあったり、辛い出来事からメンタルのブロックがあったりして、自分軸が持てないという人は意外と多いです。

そういった人は、そのトラウマやブロックを解消することが最優先です。

トラウマやブロックを抱えたままだと、自分が気づかないうちにトラウマやブロックによって、本来の自分が抑圧されている可能性が高いのです。

まずは「今」の自分につながる「過去」の自分を振り返ること。

嫌な思い出や、振り返ることさえ辛い記憶があるかもしれません。

しかし、そうした過去から目を背けているうちは、本当の意味で自分軸を持つことはできません。

このようなトラウマやブロックの解消は、自分ひとりで行うことは大変難しいので、専門家に相談するのが確実です。

魂の望みを一つひとつ叶えていく

これまでずっと他人軸で生きてきた人が、いきなり全て自分の意思を優先して動くのは難しいかもしれません。

自分の魂が望んでいることは何なのかをよく考え、まず初めは小さなことから行動したり決定したりしてみることが大切です。

その日に食べたいものを食べる、やりたいことをする、など何でも良いです。

重要なのは自分の意思で決定して行動すること。

そうして一つひとつ魂の望みを叶えていくうちに、いつの間にか自分軸の人生へと変わっていきます。

目次
閉じる