潜在意識で相手の気持ちが伝わってくる仕組み【自分が好き→相手も好き】にする方法

ミシェル仁の引き寄せブログへようこそ♪
潜在意識と引き寄せの専門家であるミシェル仁が解説いたします
目次

潜在意識で相手の気持ちが伝わってくる仕組み

「なぜか相手の感じたことや考えていることが分かったことがある」

「なんとなく彼からの連絡が来そうと思っていたら本当に来た!」

「もっと相手の気持ちが分かるようになればいいのに」

こういった潜在意識の力を体験したことがある方、その力をもっと上手に使ってみたいという方は多いのではないでしょうか。

潜在意識を通して相手の気持ちが伝わってくるというのは、その仕組みさえ分かればとても自然なことです。

そして、その仕組みをちゃんと理解すれば、それを使って相手の気持ちを詳しく知ることや自分の気持ちを伝えていくことだってできちゃいます。

この記事では、潜在意識を通した気持ちのやり取りについて詳しく解説していきますので、意中のお相手様がいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

あなたと相手は潜在意識で繋がっている

「意中の人との連絡先は知っているけど、なかなか思うように連絡できない」

「連絡が途切れてしまって、彼が今何を考えているのか心配」

こういった状況の時でも、あなたと相手は潜在意識で繋がっています。

その理由は、潜在意識が常に波動を発しているから。

潜在意識が感じていること、願ったことなどは、外の世界に対して波動として発信されているんですね。

ですから、あなたが相手のことを考える時には、その波動が相手に届いています。

同じように、相手があなたのことを考えている時には、その波動があなたに届いているんです。

「本当に彼からの波動が届いているのかなぁ」と疑問に思われるかもしれませんが、波動の仕組みは科学的にも明らかにされてきているんです。

科学的にも明らかにされつつある波動とは

量子力学という学問分野では、波動の力が科学的に証明されつつあります。

学者たちもびっくりしたその実験の内容はこんな感じです。

1982年のある実験で、粒子の動きを観察しようとしたんですが、なかなかうまく観察できません。

その状況をよく調べてみると、人間が観察している時と、人間が観察していない時では、実験結果に差がうまれていることが分かったんです。

実験の内容は全く同じなのに、人間が観察しているかどうかで、実験結果が変わっていたということです。

これは、科学的にはとても不思議なことで、当時は科学者たちの間で大論争になりました。

スピリチュアル的には、これは人間が発している波動が世界を動かしている、とカンタンに説明できてしまいます。

人間が発している波動は、これまでは疑う人も多かったのですが、その存在が科学的にも証明された瞬間でした。

潜在意識が発している波動の影響力は絶大です!

科学的にも証明された、波動の存在。

その波動は、特に潜在意識から強力に発されていて、その影響力は驚くほど絶大なんです。

潜在意識から発している波動が、継続的に働き続けていれば、現実の世界もその通りに変わっていきます。

あなたが、気になる彼に好きになってほしいと願っていれば、その通りになっちゃうんです。

これがいわゆる、引き寄せの法則ですね。

この引き寄せの法則が働く仕組みを理解しつつ、波動を使えば、相手の気持ちが伝わってくる様子を知ることも可能ということです。

潜在意識から相手の気持ち&波動を受け取る方法

それでは、相手の潜在意識から発されている感情や思考を受け取るには、どのようにすればよいのでしょうか。

方法はシンプル。あなたの潜在意識にアクセスするだけです。

潜在意識は、潜在意識同士で繋がって波動を受け取っているからです。

そうはいっても、潜在意識にアクセスする方法が分からない方も多いかもしれませんね。

最初は慣れないかもしれませんが、練習するうちに誰でもできるようになるので安心してくださいね。

具体的には、瞑想によって自分の潜在意識にアクセスする習慣を作る、エネルギーワークによって波動を受け取ってみる、という方法があります。

「すぐに相手の気持ちが分かるようになりたい!」という方のために、自然と波動を受け取ることができている状態についても解説していきますね。

「相手も好き」「相手も同じだった」が分かる感覚

潜在意識にアクセスすることによって、相手の気持ちや波動を受け取ることもできますが、

普段の生活でも潜在意識は働いていますから、ふとした時に相手の気持ちを受け取っているタイミングというのがあります。

最も潜在意識がやり取りしている感覚を掴みやすいのが、就寝前後のタイミング、そして就寝中です。

就寝前後のタイミングは、潜在意識が優勢になる時間帯。

この時間帯に、普段は考えつかないようなことや自分のモノではない感情が湧き上がる経験をしたことがある方は多いのではないかと思います。

より強い波動、よりしっかり潜在意識にアクセスできていると、相手の声がなんとなく聞こえるといったかたちで、相手からの気持ちを受け取ることができます。

また、就寝中は潜在意識でのやり取りが夢というかたちでイメージ化されます。

夢には様々なパターンがあるのでシンプルに説明するのは難しいのですが、

基本的には相手からの目線を感じる夢、相手からの身体的な接触がある夢を見る場合には、相手からの強い気持ちが向けられていることが多いですね。

相手の潜在意識からのサイン

他にも、相手の想いを確認する方法はたくさんあります。

その代表例が、シンクロニシティ(意味のある偶然の一致)です。

気になっている方の名前と同じ名前を頻繁に見る、その方の誕生日と同じ数字やゾロ目の数字をよく見るなどが、シンクロニシティの一例です。

これは「相手も好き」「相手も同じ気持ち」という潜在意識からの波動が、あなたの潜在意識に届いて、その現実を気づかせようとしてくれているから起こっているんですね。

潜在意識で自分の気持ちを伝えることもできます

潜在意識を通して相手の気持ちが伝わってくるのと同じように、あなたの潜在意識から自分の気持ちを相手に伝えることもできます。

相手の潜在意識にダイブ&働きかけることで【自分が好き→相手も好き】にする方法

あなたがダイブしたい相手の潜在意識は、あなた自身の潜在意識とつながっています。

つまり、相手の潜在意識に働きかけるためには、まずはあなた自身の潜在意識にアクセスする必要があるというわけです。

そもそも潜在意識とは、私たちが自覚していないけど、多くの情報を受け取ったり、発信したりしている意識のことです。

逆に、いつも私たちが自覚していて、感じたり考えたりしている意識のことを、顕在意識といいます。

普通は何を感じたり考えたりしても顕在意識で処理されてしまうので、潜在意識にアクセスすることはできません。

いつもは到達できない潜在意識にアクセスするために一番カンタンな方法は、あなたが変性意識状態になること。

変性意識状態をシンプルに説明すると、顕在意識と潜在意識を橋渡しできるような状態で、フワフワと少し朦朧とした状態だとイメージしてください。

具体的には、瞑想状態、トランス状態、催眠体験、至高体験をしている時が、変性意識状態に入っているタイミングです。

これは、慣れていないと一人で実施するのは難しいのですが、ご自身で瞑想をする、ヒーリングを受ける、変性意識状態に誘導する音声を聞く、などの方法を使うと、変性意識状態に入った流れから、潜在意識にアクセスすることができます。

この状態で、相手のことを想うと相手の潜在意識にもアクセスすることできて、思念伝達としてあなたの気持ちを伝えたり、場合によってあなたが望む行動を促したりすることが可能です。

「自分が好き」なら「相手も好き」は現実になります

このように、変性意識状態に入りつつ、あなたと相手の潜在意識にアクセスすると、「自分が好き」という現実を、そのまま「相手も好き」という現実に拡張していくことができます。

これが、潜在意識の書き換えによって現実を変えていくことができる、思考は現実化する、と言われる仕組みなんです。

ミシェル仁による引き寄せ鑑定&セッションはこちら

潜在意識や引き寄せの法則の研究が最も進んでいるのが、アメリカ合衆国や北欧を始めとしたヨーロッパ諸国。

現地の高等教育期間で研究を重ねた、ミシェル仁による鑑定&セッションは、下記公式ショップでのみ受け付けております。

潜在意識や引き寄せの法則について調べてみたけれど、なんだかうまくいかないという方。

まずは初回限定の鑑定から、気軽にお申し込みくださいませ。


目次
閉じる